アニメ映画

アニメ映画について

今ではすっかり当たり前になっているアニメ映画ですが、ひと昔前はそこまでメジャーなものではありせんでした。また、昔はアニメ映画といえばジブリやディズニーなどの有名企業が市場を独占していて、小規模なアニメ制作会社が参入する余地はありませんでした。

しかしながら、今日では市場そのものの拡大もあり、小さなヒットを飛ばしただけのアニメでも容易に映画化できるようになりました。原作とストーリーの整合性を持たせて既存のアニメファンの期待に応えるなどすることで、ターゲットを絞ったマーケティング戦略が可能となったのです。

また、映画化というのは原作者にとっても非常にうれしいことです。人気が上がるにつれて連載、アニメ化、映画化となるので、映画化はヒットの最後の段階といえます。